スポンサーリンク

GitHubでフォークしてプルリク出すまでを簡単にまとめてみた【備忘録】

Git

最近、GitやGitHubを使うことが増えてきたので備忘録、メモがわりに簡単にまとめてみました。

GitHub
GitHubはソフトウェア開発のプラットフォームです。GitHubには...

GitHubでフォークをする

Forkのボタンを押す。

ForkされたらCodeを押しどれでクローンするか選ぶ(今回はSSH)

コードの横にあるボタンを押してコードを保存。(git@github・・・のやつを保存)

ターミナルでの作業

クローンをする

git clone git@github・・・(さっきのコピーしたコードをここに貼り付ける)

そうすると、git cloneでcloneが始まる。

SSHの鍵のパスワードを聞かれることがあるので入力する(入力してもターミナルには反映されない・入力した後はEnterを押せば勝手にcloneが始まります。)

クローンしたフォルダのディレクトリに移動

cd フォルダ名

クローンして作成されたフォルダに移動する。フォルダ名はGitHubのリポジトリ名になっている。

VSCode(エディタ)起動

code .

を使ってVSCodeを立ち上げる(別のエディタでも良い)

ファイルなどを更新

今回はtest.pyというファイルを追加して、コードを追加した。

変更したのをgit addする

git add 変更したファイル名など

今回はこんな感じでやりましたが、git add .で全部addしても良いです。今回はtest.pyだけを更新したのでtest.pyのみです。

git commitで更新した内容を記録

git commit -m "コミットメッセージ"

今回はtest.pyを追加したのでこんな感じのコミットメッセージにしました。

git pushで変更内容をリモートリポジトリ(GitHub)に反映する

git push origin ブランチ名

今回はmainしかないのでmainに。プロジェクトに合わせて変更します。

Forkして変更したリポジトリをプルリクしてみる

プルリクをする

Contributeを押す。

Open pull requestを押す 。

プルリク元とプルリク先となるブランチが正しいことを確認する (左側がプルリク先、右側がプルリク元)

Create pull requestを押す。

プルリクの内容を書く

修正内容、コメントなどを書き、Create pull requestを押す。

以上で完了です。お疲れ様でした!SNSシェアなどぜひよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました