スポンサーリンク

【マイクラ】レッドストーン回路でここまでできる!?凄すぎる作品を紹介!

ゲーム

マインクラフトには、たくさんの遊び方があります。サバイバルやクリエイティブ、配付マップやオンラインサーバーで遊ぶのもたのしいですよね。

今回は、マイクラ内にある「レッドストーン回路」について解説していきたいと思います。

そもそもレッドストーン回路とは?

そもそも、レッドストーン回路とはいったいどのようなものなのでしょうか。

レッドストーン回路というものは、現実世界にある「論理演算回路」を再現したりして、マイクラ内で回路を作るものです。

とても言葉では説明しにくいのですが、「現実世界にある回路をマインクラフト内で再現出来る」と思ってもらえれば大丈夫です。

それでは早速マインクラフト内で作られた凄すぎるレッドストーン回路作品を紹介していきたいと思います!

マイクラで作られた凄すぎるレッドストーン回路集

1.6bitCPU

こちらの作品は、「田辺魅癒喜」さんが作った作品です。そして、タイトルにもある通り、MOD・コマブロ無しで作られています。

ROMメモリがあり、63行もの命令を書くことが出来ます。命令デコーダーやレジスタ、7セグメントも作られています。他にも、6bitの全加算器とi/oポートが搭載されています。

動画内では、Lチカを行っていますね。マイクラ内でCPUを作っている中で、かなりコンパクトに作られていて驚きました。

ほかの動画でも、このCPUが動作しているものがあったので、興味のある方はぜひそれを見ると面白いと思います。

チキン君
チキン君

マイクラ内でCPUを作るなんて恐ろしい…!

2.テトリス

こちらの作品は、「ちゃみすけ【CMSK】」さんが作った作品です。画像を見るとわかると思いますが、世界中で知られている「テトリス」をプレイすることができる回路です。

ブロックを作成し、当たり判定や回転処理を行う回路の部分はとても考えられています。そして、操作は自分が動いて、感圧版を踏むことによって行うみたいです。

ボタンを使わずに、感圧版を使って操作するのは、遊ぶ人のことも考えてあるんだなぁと思いました。

「双方向レジスタ」をここで使うのか!という場面があるので、気になった方は動画を見てください。色々と工夫がされていて面白かったです。

チキン君
チキン君

テトリスって色々な処理があるから難しいのにすごい再現度…!

3.100x100の巨大ピストンドア

こちらの作品は、「奇創」さんが作った作品です。マインクラフトでは、実現不可能な感じがしますが、フライングマシーンを使い、スライムブロックとブロックでドアを開閉しています。

「複雑に見えるけど意外と簡単?」と思った方もいるでしょう。確かにそうかもしれませんが、同時にフライングマシーンを起動する遅延回路はかなり調整が必要なので、かなり根気のいる作業だったと思います。

フライングマシーンをかなりうまく利用していて、これを使ってドアを作ろうと思った発想が凄いですよね。

 

チキン君
チキン君

100×100のドアはロマンがつまりすぎ!

4.疑似量子ビット計算機

こちらの作品は、先ほど紹介した方と同じ「田辺魅癒喜」さんが作った作品となります。同じ方なのですが、この作品も凄すぎるので、ご紹介します。

この作品は、マイクラ内で【量子ビット計算機】を再現したものです。この回路内で本当に量子の重ね合わせをしているわけではないです。

(タイトルにも「疑似量子ビット計算機」と書かれていますし、マイクラ内で重ね合わせは現時点では少し難しいです…)

「量子ビット計算機と同じでマイクラ内で重ね合わせを実現した」というのが、この作品の凄いところではないので、それを頭に入れておいてほしいです。この作品は、マイクラ内にある「無遅延回路」というものを最大限に活用して「ほぼ無遅延」で計算結果を表示するという所が凄いのです。

なぜ量子ビット計算機並みの計算速度が出せるかというと、ROMの中に全ての計算結果のデータを保存することで量子ビットの重ね合わせを再現したのです。

今までのマイクラの計算回路の常識を覆したとんでもない作品です。

チキン君
チキン君

量子ビット計算機をマイクラ内で疑似的に再現するとか強すぎ…

5.ワープロ

こちらの作品は、「Koala_Steamed」さんが作った作品となります。動画を見てもらえればわかると思いますが、とても巨大です。大文字、小文字、数字、記号が入力でき、表示することができるようです。

記憶装置も付いており、あらかじめ保存しておいたセーブデータを読み込むこともできるようです。記憶装置は400ビットのROMが4つあり、200バイト(1600ビット)もの容量があります。

そして、このワープロの凄いところは、キーボードに入力されたデータを伝える線は、処理部分に一本しかつながっていません。これは、キーボード側に文字のデータを二進数に変換し、遅延を利用してデータを送っているのだろうと想像できます。

海外の方が作った作品のため、詳しくは分かりませんが、日本では「信号圧縮通信装置」などと言われています。

チキン君
チキン君

マイクラの中でワープロ…!

マイクラ回路の可能性は無限大!

今回は、自分が知っている、凄いと思った作品を5つご紹介させていただきました。

まだまだ世界の中には凄い作品があります。これからも、マイクラのことについてどんどん発信していくので、よろしくお願いします!

それでは良いマインクラフトライフを!

【マイクラ革命】世界最速の計算機が従来の4倍もの計算速度を出...
マイクラで数年前に作られた世界最速の計算機が、つい最近4倍もの計算処理...
【凄すぎる】Scratchで作られた2D版マイクラの再現度が...
Scratchで作られた2D版のマインクラフトをご紹介します。Scra...
マイクラ初心者必見!サバイバルの進め方を詳しく解説!
マイクラ初心者の方でもサバイバルの進め方がわかるように解説していきます...
Teba_eleven
Bagikan video Anda dengan teman, ke...

コメント

タイトルとURLをコピーしました