スポンサーリンク

【M1/Mac】DockerでLaravelの環境構築【超簡単】

Laravel

Dockerを使ったLaravelの環境構築をやってみる【Mac / M1Mac対応】

Laravelの開発環境をDockerを使って簡単に作る方法について解説していきます。

初心者の方でもなるべくわかるように書きましたので、ぜひ一緒に環境構築をしていきましょう!

本記事の対象者

・Dockerのインストールから丁寧に知りたい方
・M1Mac/MacでのLaravelの環境構築がわからない人
・環境構築を簡単にやりたい人
・テキストエディター(VSCodeなど)やターミナルが使える人

環境構築をする上で、今回はテキストエディターのインストール方法などは省略します。

ターミナルは基本的な操作がわかる方なら大丈夫です。

今回の全体の流れ

  1. Dockerをインストールする
  2. デスクトップにプロジェクトフォルダを作る
  3. ファイルを新規作成する
  4. ファイルにコードを書き込む
  5. Docker上でコンテナを立ち上げる
  6. Laravelをインストールする
  7. Laravelの基本設定

それでは早速、環境構築をやっていきましょう。

Dockerをインストールする

【M1/Mac】Dockerのインストール方法
はじめに今回は、Dockerが使える環境をM1Mac、Mac向けに解説...

すでにDockerをインストールしている人は、ここはスキップしてもらって大丈夫です。

まだインストールしていない方は上記リンクを参考にインストールしてください

デスクトップにプロジェクトフォルダを作る

Dockerがインストールできたらプロジェクトフォルダをつくりましょう。この中にLaravelをインストールしていきます。

今回はわかりやすいように、デスクトップにプロジェクトフォルダを作っていきましょう。

ターミナルを開いてこのように入力してEnterを押します。
(一行ずつ入力してEnterを押してください)

cd Desktop            //デスクトップに移動
mkdir laravel_project //ディレクトリ作成
cd laravel_project    //ディレクトリに移動

ファイルを新規作成する

次にVSCodeなどのテキストエディターでデスクトップに作ったlaravel_projectを開きましょう。

今回は、VSCodeを使っていきます。

他のエディターでも大丈夫です

LARAVEL_PROJECTという部分をクリックして、ファイルを新規作成します。

「docker-compose.yml」と「Dockerfile」というファイルを作ります。

Dockerファイルの作成

FROM php:7.4-fpm

COPY --from=composer:1.10.12 /usr/bin/composer /usr/bin/composer

RUN apt-get update && apt-get install -y zip unzip

RUN docker-php-ext-install pdo pdo_mysql

Dockerfileにこのコードを書き込みます。

docker-composeファイルの作成

version: '3.9'

services:
  php:
    build: .
    volumes:
     - ./src:/var/www/html
    ports:
     - '8000:8000'
  mysql:
    platform: linux/x86_64 #M1Macはこれを追加しないと動かない
    image: mysql:5.7
    ports:
      - '3306:3306'
    volumes:
      - ./db:/var/lib/mysql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
      MYSQL_DATABASE: laravel

docker-compose.ymlにこのコードを書き込みます。

このファイルはインデントが意味を持つので、コピペ推奨です

実際にVSCodeに書くとこのようになります。

画像は上のコードと違いますが、上のコードをコピーしてください

Docker上でコンテナを立ち上げる

Docker上でコンテナを立ち上げる方法は大まかに二つあります。

  • Macに標準搭載されているターミナルで立ち上げる
  • VSCodeに搭載されているターミナルで開く

基本的にどちらでも構いません。

一応、2通り紹介しますので、どちらかでDocker上でコンテナを立ち上げてください。

Mac標準のターミナルを使う場合

ターミナルでcdを使ってlaravel_projectに移動します。

cd Desktop
cd laravel_project

ターミナルで、現在の位置がlaravel_projectになっていればOKです。

docker-compose up -d

コマンドを入力します。

ターミナルにこのように表示されたら成功です!

VSCodeのターミナルを使う場合

VSCodeを開いた状態で、上にあるターミナルをクリックし、新しいターミナルをクリックするとターミナルが出てきます。

もうすでにパスが指定されているので、そのままコマンドを打ち込んでいきます。

ターミナルに打ち込んでEnterを押して実行します。

docker-compose up -d

ターミナルにこのように表示されたら成功です!

Laravelをインストールする

Laravelをプロジェクトファイルにインストールしていきます。

docker-compose exec php composer create-project --prefer-dist "laravel/laravel=8.*" .

8.*というところでLaravelのバージョンを変えることができます。今回はLaravel8系をインストールしてみます。

Enterを押して実行すると、Laravelのインストールが始まります。かなり時間がかかるので、気長に待ちましょう。

Laravelインストール中…

このように表示されたらLaravelのインストールは終了です。

サーバーを起動する

実際にサーバーを立ててみます。ターミナルに下記のコマンドを打ち込みます。

docker-compose exec php php artisan serve --host=0.0.0.0 --port=8000

このように表示されたらブラウザを起動し「http://localhost:8000」にアクセスしてみてください。

Laravelのサーバーが起動

このような画面になったらサーバーが起動できている証拠です。

Laravelのバージョンによって出てくる画面は違います

サーバーを停止したい時は、ターミナルでctrlとcを同時に押すと終了することができます。

Laravelの基本設定

タイムゾーンを設定する

'timezone' => 'Asia/Tokyo'

src/config/appを開いて、timezoneを'Asia/Tokyo'にします

Localeを設定する

タイムゾーンのすぐ下にあります。enからjaに変えておきましょう。

データベースを設定する

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=mysql
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=laravel
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=password

DB_HOSTをmysqlに、DB_PASSWORDをpasswordにします。

マイグレーションをする

実際にマイグレーションをしてデータベースが正しく設定されているか確認してみましょう。

docker-compose exec php php artisan migrate

このようにマイグレーションができたらOKです。

環境構築終了!

これでLaravelをDockerで開発することができるようになりました!
ここまでお疲れ様でした。

もしこの記事が参考になったらSNSシェア、コメントなどよろしくお願いします。

他の記事も読んでくださるとすごく嬉しいです。

https://www.chickensblog.com/vscode-ru。ncode-run/

VSCodeをターミナルから起動する方法【簡単です】【Mac...
ターミナルからVSCodeを起動する方法です。ターミナルからVSCod...
GitHubでフォークしてプルリク出すまでを簡単にまとめてみ...
最近、GitやGitHubを使うことが増えてきたので備忘録、メモがわり...
【勉強方法も解説】Progateの周回ダメなのは嘘です【初心...
初心者の方、Progateの周回ダメだと思ってませんか?初心者の方でも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました